管理薬剤師ってどんな仕事?メリット・デメリット、転職時の注意点を詳しく解説 – 薬プレッソ

管理薬剤師ってどんな仕事?メリット・デメリット、転職時の注意点を詳しく解説

LINE

薬剤師として働くうえで、「管理薬剤師」という肩書きを耳にする機会が増えてきたと思います。求人サイトでも管理薬剤師の募集はよく見かけますし、通常の薬剤師よりも偉い、責任者的な役割であるという認識はあるでしょう。
では実際に、どのような仕事をこなし、どうすれば管理薬剤師になれるのかご存知でしょうか?

この記事では、仕事内容、管理薬剤師になる方法、メリット・デメリットなどを解説していきます。

通常の薬剤師より年収が高いと言われている管理薬剤師。今すぐなりたい方も、そのうち管理薬剤師として働いてみたい方も、一読して今後の仕事に役立ててくださいね。

<関連情報>
管理薬剤師の実際の募集をチェックする

1 管理薬剤師とは

まずは、管理薬剤師という肩書・役職について、詳しく見ていきましょう。

上司や身近な人に管理薬剤師がいたとしても、詳しい仕事内容まで把握することは難しいですよね。また、職場によっても役割が異なっています。

病院、薬局、ドラッグストアなどでどのような違いがあるのか、また自分が管理薬剤師になった際どんな仕事をしていきたいのかを考えながら見てくださいね。

1-1 管理薬剤師の職務・役割

管理薬剤師の立場を簡単に説明すると、薬局やドラッグストアなどの店舗での責任者のことを指します。

職場によって多少の違いはありますが、管理薬剤師の役割は、従業員の監督と医療品等の管理の2つに分けられます。
従業員の監督は、薬剤師や他の従業員が適切に仕事を行っているのかを監視し、業務を通じて薬剤師と従業員を指導・教育していくのです。

医療品等の管理は、下記の4つの内容が挙げられます。

  • ・店舗内の医療品を適切に管理する
  • ・医薬品と医薬部外品、化粧品等をきちんと区別して陳列する
  • ・有効期限の切れた不良品等を処分する
  • ・設備に問題が生じた場合、開設者に改善するよう申請をする

また、薬事法により、ひとつの現場に必ず管理薬剤師を置かなければならないと定められています。

以上から分かるように、管理薬剤師は責任と経験の求められる役職なのです。

1-2 管理薬剤師の仕事内容

管理薬剤師の仕事内容は、職場によって異なります。
ひとつずつ、具体的に解説していきます。

1-2-1 調剤薬局

調剤薬局での管理薬剤師は、責任者として業務を行っていきます。
規模や経営方針などによって仕事内容は異なりますが、調剤業務や服薬指導など、他の薬剤師と同じことを行うことも多いでしょう。しかし、調剤薬局の責任の所在は管理薬剤師にあります。

調剤薬局の管理薬剤師のみの仕事内容は、「調剤薬局にある医薬品の在庫管理・品質管理」と「薬剤師や他の従業員の管理・指導」の主に2つです。

医薬品は、非常にデリケートであるため、適正な温度や湿度で管理をしなければなりません。常に品質を一定に保つため、温度設定などを行い環境の整備をしておくのです。
また、調剤薬局は医療品を患者に安定的に提供しなければならない義務があります。そのため、在庫切れがないように常に在庫管理に気を付けておきましょう。

また、近隣の調剤薬局が在庫切れをしてしまった場合に備えて、連携をしつつ常に連絡を取り合うことも重要な仕事のひとつです。

調剤薬局での管理薬剤師は、勤務やシフトの管理など、薬剤師や他の従業員の管理・指導も行います。患者さんが気持ちよく利用できるよう、薬事教育や接客方法などを指導するのです。

定期的な会議やミーティングに出席したり働いている従業員の気持ちをまとめたりなど、規模によっては経営を任されることもあるかもしれません。

薬剤師としての業務をこなしつつ、従業員が働きやすい職場を作ることが調剤薬局で働く管理薬剤師の重要な仕事なのです。

1-2-2 ドラッグストア

ドラッグストアでの管理薬剤師も、実質的に店舗における医薬品や薬剤師の責任者としての役割を果たします。
店長やオーナーに医薬品の知識がない場合は、助言を求められることもあるでしょう。

調剤薬局をはじめとする他の職場で働く管理薬剤師と異なる点は、医薬品だけではなく、日用品や食料品を扱わなければならない点でしょう。
例えば、サプリメントや健康食品、OTCなども管理しなくてはなりません。特に、サプリメントや健康食品は、医薬品としての扱いでないので、特定の効果・効能をポップ(広告)として表示してしまうことは違法行為にあたります。表示内容に誤りがないか、確認をすることも仕事内容のひとつです。

また、店舗で管理している商品が増えると、利用してくれるお客さんの層も広がります。一般的な知識を含め、より幅広い知識や経験、従業員やお客さんへの対応が求められるのです。

1-2-3 病院

調剤薬局やドラッグストアとは異なり、法的には病院に管理薬剤師を配置しなければならないという義務はありません。しかし、「薬剤部長」や「薬科長」という肩書で、病院内の責任者として仕事を任されることが多いでしょう。

処方箋に基づいた処方・調剤を行う調剤薬局の薬剤師とは異なり、病院勤務の薬剤師は入院している患者さんへの処方・調剤を行います。医師の処方に基づいて調剤するだけではなく、薬歴やカルテ、患者さんの状態を細かく行った上で処方・調剤するのです。他には、他の医療スタッフへの報告、製薬や治験などにも参加することもあるでしょう。

病院の管理薬剤師は、様々な種類の医薬品の管理・調整を行います。調剤薬局では扱うことのなかった注射薬も管理しています。また、薬剤師への指導・教育を含む管理をしなければなりません。医薬品だけではなく、医療に関する幅広い知識が必要になるだけではなく、複数の薬剤師をまとめることのできる人間性とコミュニケーション能力が不可欠なのです。

管理職としてどのような仕事を割り当てられるのかは、病院の規模や経営方針によって異なりますが、管理薬剤師としての知識・経験を最も積むことができる職場と言えるでしょう。
また、薬剤部長への昇進もできるという更なるキャリアアップも期待できます。

1-2-4 企業

企業で管理薬剤師が勤務しているケースもあります。
薬事法により、管理薬剤師は医薬品を取り扱う調剤薬局や販売店舗などに必ず1人は配置しなければならないと決められています。この薬事法は、医薬品などの製造業を行う企業でも例外ではありません。

企業で働く管理薬剤師の主な勤務先は、製薬メーカーの他にも化粧品メーカー、健康食品メーカー、医療機器メーカーなどが挙げられます。
他の職場と同じく医療品や従業員の管理を行いますが、取引先や顧客への情報提供業務、申請・報告などのデスクワークもこなしていきます。

取引先や顧客への情報提供業務とは、主に自社で製造した医薬品の情報を収集管理し、必要があればその内容を提供します。医療機関の医師・看護師・薬剤師などに回答をしていくのです。特に、一般用医薬品を購入した個人客に対しては、医療機関への診療を勧めることもあります。

厚生労働省への新薬の申請や、販売している医薬品の副作用報告、日々の業務で情報提供しるために情報を収集する業務も行います。また、国内外の論文や資料を収集し、必要に応じて提供できるよう管理しておくことも仕事のひとつです。

仕事内容を見ていると、どれもデスクワークに分類され、調剤薬局やドラッグストアとは異なり、薬剤師としての実務経験は身につかないと言われています。

2 管理薬剤師になるには

責任者としての責務をこなしている管理薬剤師。一見、薬剤師の国家資格以外に特別な資格が必要そうに思えますが、実は管理薬剤師になるための特別な資格は必要ありません。

しかし、管理薬剤師は、病院や薬局などのひとつの施設で1週間に実働40時間(1日8時間以上)働いている必要があります。また、雇用条件に関しても決まりはありません。パートやアルバイトでも管理薬剤師になることは可能です。

薬剤師として働いているのであれば、誰でもなれる可能性がある管理薬剤師。ただし、責任者としての役割があるため、マネジメント力やコミュニケーション能力などが必要になります。調剤薬局などでは、通常3年程度の勤務を経て、管理薬剤師になるのが一般的であるようです。

具体的には、内部昇進と転職を機に管理薬剤師の役職に就くという2つのパターンがあります。

2-1 内部昇進

ひとつの職場で経験を積んでから、通常の薬剤師から管理薬剤師になるパターンです。管理薬剤師になるための一般的な方法であり、3年以上の職務経験を積んでから昇進します。

自分の職場内で管理薬剤師がどのような仕事を行っているのかを、熟知してから管理薬剤師になることができるので、不安もなく昇進できるでしょう。

ただし、年配の薬剤師が多いなどに理由で、組織や職場の構造によっては管理薬剤師になるのはかなり時間がかかる場合も考えられます。

管理薬剤師のポストを目指しているにも関わらず、なかなか昇進の機会が巡ってこない場合は、思い切って転職を考えるのもひとつの手かもしれません。

2-2 転職を機に管理薬剤師になる

通常の薬剤師が転職を機に管理薬剤師になるパターンです。
就職・転職サイトなどを見ていると、管理薬剤師としてのポストを募集している求人をいくつか見つけることができると思います。

基本的には、3年以上の実務経験が必要になるため、前職の職場でも3年以上勤務していることが条件になるでしょう。

会社や職場によって、仕事内容や方針などが異なります。内部昇進とは違い、どのような仕事をしているのかきちんと確認することは難しいでしょう。転職を機に管理薬剤師になることを考えている方は、事前に確認をしておくことが大切です。

3 管理薬剤師のメリット、デメリットは?

管理薬剤師になる上で、メリットだけではなくデメリットもきちんと知っておくことも大切です。

昇進して年収も上がるのだからメリットしかないだろうと考えがちですが、だからこその責任も伴います。

今後、自分がどのような働き方をしたいのか、将来的にどんな薬剤師を目指しているのかを考えつつ、見ていきましょう。

3-1 管理薬剤師のメリット

まずは、管理薬剤師のメリットを解説していきます。

3-1-1 管理者として責任感を持って仕事ができる

管理薬剤師として働けるようになれば、責任を伴う職務を行わなければなりません。一般的な会社員と同様、責任が大きくなれば仕事の幅も広がります。
通常の薬剤師として働いているときとは異なった視点で、仕事を行うことができるようになるでしょう。

また、現場の責任者という立場を通じて、医薬品の管理だけではなく、薬剤師や他の従業員への教育や指導、クレームへの対応・処理など、業務内容は多岐にわたります。医薬品に関する知識を学ぶことができるだけではなく、マネジメントスキルやコミュニケーション能力など、幅広いスキルを身につけられるでしょう。

3-1-2 年収がアップする

管理薬剤師になると、手当が付くため年収がアップします。どれくらいの金額になるのかは職場によって異なりますが、月3~6万円程度だと言われています。
自分の働いている職場で管理薬剤師になったとしたら、いくらくらいの手当がつくのか、事前に調べてみるとよいかもしれませんね。

薬剤師の年収は、一定の水準からは上がりづらくなってしまいます。より高い年収を求めるのであれば、管理薬剤師を目指すとよいでしょう。

3-2 管理薬剤師のデメリット

次に、デメリットもきちんと確認しておきましょう。

3-2-1 薬剤師としての副業ができない

管理薬剤師として勤務をするのであれば、副業ができなくなります。これは、薬事法第8条で定められ、「その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であつてはならない」という文言に則ったものです。
つまり、一つの調剤薬局・店舗のみでしか働くことができません。例えば、平日はA店で、土日はB店で働くことができない、ということなのです。

3-2-2 仕事の負担が重くなる

管理薬剤師になると、今までの業務に加えて部下の教育・指導、在庫の管理なども行わなければなりません。責任者という立場で仕事を行うため、責任も重くなるでしょう。

また、管理薬剤師になると、管理・指導の仕事を行わなければならない場面が多くなるでしょう。今までの調剤・処方を行う現場での仕事が必然的に少なくなってしまいます。

4 転職時の注意点

転職をきっかけに管理薬剤師になる方、または管理薬剤師として勤めていた方が転職をする場合、どのような点に注意をすればよいのでしょうか。

ここでは、特に注意したい点を紹介していきます。

4-1 労働条件の確認を行う

管理薬剤師に転職する時にのみ言えることではありませんが、労働条件の確認はきちんと行うようにしましょう。
勤務しはじめてから「聞いていなかった…!」と後悔しても遅いのです。気になる点があれば、質問をして疑問を解消するようにしておく必要があります。

管理薬剤師として転職を行う場合、残業代の有無は注意しておきたい点です。
管理薬剤師は、役職手当が支給されます。その代わりとして、残業代が支給されない職場もあるのです。
また、残業代が支給される職場でも、みなしで残業代が出る場合もあるのです。
残業代も、確認をしておくようにしましょう。

4-2 一人薬剤師の職場に注意

一人薬剤師の職場での管理薬剤師を募集している場合は、注意が必要です。
事務スタッフやその他の従業員がいることが多いため、店舗に一人で立たなければならないことはあまりないでしょう。しかし、調剤・処方だけではなく、管理薬剤師としての業務もたった一人で行っていくのは相当の責任を感じるかもしれません。

今までに管理薬剤師としての経験がないのであれば、転職先として選択するには避けるべきでしょう。

4-3 病院での求人は管理職の扱いになる

病院における管理薬剤師の求人は、管理職の扱いになるため、注意が必要です。例えば、薬剤部長や、薬科長などの役職が挙げられます。
具体的にどのような業務を行うのか、また職務権限がどこまであるのかは、病院によって異なります。事前によく確認をしておくようにしましょう。

5 おわりに

管理薬剤師の仕事内容、管理薬剤師になる方法、メリット・デメリットなどを解説していてきました。

管理薬剤師は、責任者としての役割を果たすため、仕事量も増え、現場での責任を背負わなければならない大変重要な立場です。そんな大変な面がある一方で、任される仕事の幅も広がり、やりがいや確実なスキルアップにもつながるはずです。
管理薬剤師を目指している方や興味を持った方は、この記事を参考にしつつチャレンジしてみてくださいね。

<関連情報>
管理薬剤師の実際の募集をチェックする

<PR>実現できないとあきらめていた希望年収650万円を叶えてくれました!

LINE

この記事を書いた人

薬プレッソ編集部

薬プレッソ編集部

薬剤師のみなさんが仕事でもプライベートでも、もっと素敵な毎日を送れるような情報を日々発信しています。

「薬プレッソ」の「プレッソ」はコーヒーの「エスプレッソ」に由来します。エスプレッソの「あなただけに」と「抽出された」という意味を込め、薬剤師の方に厳選された特別な情報をお届けします。

「プレッソ」にはイタリア語で「すぐそばに」という意味もあります。編集部一同、薬剤師のみなさんと伴走しながら、みなさんの「もっといい人生、ちょっといい毎日」のために「ちょっといいメディア」にしていきたいと思っています。

あなたにおすすめの記事