服薬指導:薬嫌いなお子さんへの薬の上手な飲ませ方 – 薬プレッソ

服薬指導:薬嫌いなお子さんへの薬の上手な飲ませ方

LINE

小児科帰りのお母さんに服薬指導する際、よく聞かれるのが子どもへのお薬、特に粉薬の上手な飲ませ方に関する質問ですよね。子どもにきちんと薬を飲んでもらえるよう、服薬指導時に飲ませ方のコツやちょっとした工夫の仕方を保護者に知らせることはとても大切です。

この記事では、薬を嫌がる子どもに上手く薬を飲ませる方法を紹介していきます。服薬指導中に子どもへの上手な薬の飲ませ方を説明できれば、病気の我が子がきちんと薬を服用してくれるか不安な新米ママを心配から解放してあげられます。

また病気の子どもにきちんと薬を飲んでもらえることで、病気を早く治すお手伝いをすることができるでしょう。

1. 基本的な飲ませ方

まずは服薬指導の時に伝えたい、子どもへの基本的な薬の飲ませ方をみていきましょう。

子ども向けのドライシロップは甘くしてあるので、それだけで飲んでくれる場合があります。

子どもに飲ませる時でも大人と変わりなく、可能な時はお薬をそのまま水、もしくはぬるま湯と一緒に飲ませるのが一番です。

しかしながら、子どもに上手に薬を飲ませるには時にはちょっとした工夫が必要です。どんな工夫の仕方があるのか確認し、服薬指導に役立てましょう。

1-1. 子どもがむせないよう、水やぬるま湯に溶く

赤ちゃんや幼児などに粉薬が処方された場合、そのまま飲ませるとむせてしまうことがあります。そんな時は、子どもがむせてしまわないようにする方法を伝えましょう。

具体的には粉薬を少量の水かぬるま湯に溶いてよくかき混ぜ、薬が沈殿しないうちに全て飲ませることです。コップの底に薬が残ってしまうと全量を飲んだことになりませんので、気を付けなければなりません。

苦味が出ないように加工してある薬を無理に潰そうとすると、カバーされていた苦い味が出てきてしまうことがあります。そんな場合はよく混ぜ、沈殿しないうちにすみやかに飲ませるように伝えましょう。

水やぬるま湯で溶いて飲ませる時は、お薬の服用時間の直前に溶くようにすることです。作り置きをして時間が経ってしまうと薬が変質して効き目が落ちてしまったり、味が変わってしまったりすることがあります。また糖分が多く含まれている薬が多いので、作り置きすると雑菌が繁殖する原因になってします。

薬を溶かす時は、なるべく少ない量の水やぬるま湯で溶くように指導しましょう。多量だと子どもが飲みきれず、薬の全量が飲めなくなってしまいます。

コップから飲むことが難しい乳児の場合は、この水やぬるま湯で溶いた薬をスポイトに取り、スポイトやスプーンを使って少量ずつ直接口の中に入れてあげたり、哺乳瓶の乳首を利用したりして飲ませてあげるのがよいとアドバイスしましょう。

1-2. ペースト状にして頬の内側に塗る

赤ちゃんや幼児に粉薬を飲ませるもう一つの方法としてお母さんに伝えたいのは、ペースト状(団子状)にする方法です。

まずは薬を準備する人は手をよく洗いましょう。そして散剤に少量の水を加え、清潔な指やスプーンでペースト状に練ります。ペースト状になった薬を、指で子供の頬の内側や上あごに塗りつけます。こうすれば、唾液と一緒に薬も飲みこんでくれます。赤ちゃんが嫌がらないように、1~2回で手早く済ませるようにしましょう。

また薬が口の中に長い間あると苦味が出てくることがありますので、薬を飲ませた後は水やミルクなどを飲ませて薬が口の中に残らないよう指導しましょう。

2. 子どもが薬を嫌がるときは


薬を水で溶いたぐらいでは嫌がって飲んでくれなかったり、一度口に入れても出してしまったりする時もありますよね。

子どもが薬を嫌がるケースではどんな対策が考えられるでしょうか?

2-1. 粉薬からシロップなど他剤型への変更を提案

粉薬がどうしても苦手で飲めない子もいます。粉薬が処方されたのにきちんと毎日服用できず、病気の治癒が遅れるようではいけません。

そんな場合には、医師に事情を話して粉薬からシロップ(水剤)に変更できないか疑義照会してみましょう。

それでも飲めない時は、疑義照会して剤型を変えてもらうほかありません。気管支拡張剤のホクナリンテープのような貼り薬や、アルピニー坐剤などの解熱用の坐薬、熱性けいれんに使われるダイアップ坐剤など他の剤型を提案してみましょう。

2-2. 子どもの好きな味に変える

お薬嫌いの子どもへの対策として他に考えられるのは、子どもの好きな食べ物に混ぜる方法です。こうすればお薬の味がカバーされ、飲んでくれるようになります。

ポイントは薬の味を隠してくれやすい味の濃いものに混ぜるということです。チョコレートシロップ、練乳、プリン、アイスクリーム、プリン、ジャム、ピーナッツバターなど、子どもの好きなものに薬を混ぜて飲ませる方法を提案してみましょう。
アイスクリームはそのままでは薬が混ぜにくいので、事前に冷凍庫から出して少し溶かしておくようにします。薬の味が隠れやすいチョコレート・アイスクリームが特におすすめです。アイスクリームの冷たさで舌の感覚が鈍くなり、薬の味を感じにくくなる効果もあります。
甘いものが苦手な子どもの場合は、のり佃煮やお味噌汁を冷やしたものなどに混ぜるといいでしょう。

このように食べ物に混ぜて薬を与える時は、味が濃くて、冷たいものに混ぜると薬の味をカバーしやすいです。

薬と混ぜるものとしてハチミツを使う場合には注意点があります。ハチミツはボツリヌス症の心配がありますので、1歳未満のお子さんには使用してはいけません。

子どもが飲んでくれず、食べ物と混ぜる機会が一番多いのは抗生物質でしょう。ですが、抗生物質には混ぜると飲みにくくなってしまう食べ物がいくつかあります。

例えばクラリスやクラリシッドとオレンジジュース、ヨーグルト、スポーツドリンクといった酸味のあるものなど、混ぜると苦味が増すなどして相性が悪いものもあります。
反対に混ぜると飲みやすくなるのは、牛乳、コンデンスミルク、アイスクリーム、プリンなどです。

抗生物質のミノマイシンは、牛乳や乳製品と一緒に飲むと薬の吸収が落ちてしまいますので、混ぜたり一緒に服用したりしないように伝えましょう。

また、抗生物質以外にも混ぜる時に注意するべきものがあります。例えば、インフルエンザの時に処方されるタミフルは、オレンジジュース、スポーツドリンク、ヨーグルト、チョコレートアイスと混ぜると飲みにくくなります。
混ぜると飲みやすくなるのは、アップルジュース、乳酸菌飲料、バニラアイスクリームなどです。

このような薬と混ぜると飲みにくくなるもの、飲みやすくなるものは、服薬指導時に忘れずに伝えておくようにしましょう。

食べ物や飲み物と混ぜる以外にも、薬の味をカバーする方法があります。それは市販のオブラートで薬を包んだり、専用のお薬ゼリーの間に薬を挟んだりして飲ませる方法です。

いずれの場合も、子どもが飲みきれなくなる恐れがありますのでなるべく量が増えないように注意しましょう。また混ぜた後は、なるべく早めに服用させるように伝えましょう。

2-3. 粉薬を氷にする

粉薬を水やジュースなどで溶いて製氷皿の中に注ぎ、凍らせて飲ませる方法もあります。氷が好きな子どもは多いので、この方法だと喜んで飲んでくれることがあります。

アイスクリームの場合と同様、氷にすると冷たさで舌の感覚が鈍くなり、薬の味を感じにくくなるため、飲みやすくなります。

他の方法で飲んでくれない場合に試してみるといいでしょう。

3. 子どもが薬を嫌がる場合の注意点

子どもが薬を飲みやすくする方法は分かったものの、それでも薬を飲んでくれない場合は注意しておくべきポイントがあります。

3-1. 無理矢理飲ませようとしない

泣いている時や機嫌が悪い時などに、無理に飲ませようとしても飲んでくれません。薬を飲みたくなくて泣き叫んでいる時に薬を飲ませようとすると気管に入ってしまうこともありますので、注意が必要です。

また、薬の時間だからと寝ている子どもをわざわざ起こしてまで薬を飲ませるのは逆効果です。中には厳密に時間を守らないといけない薬もありますが、ほとんどの薬は1時間ぐらい服用時間がずれても問題はないです。服薬時間を必ず確認するようにしましょう。
次の服用が近づいた時点で子どもが目を覚ました場合は、次の服用時間を待って一回分を飲ませます。この時、絶対にまとめて二回分飲ませてはいけません。薬の効果が強く出過ぎてしまったり、副作用が出たりする原因になります。

子どもが下痢の時に薬を飲ませる場合、薬の吸収が悪くなって効果がしっかりでないのではないかと心配になるお母さんもいるようです。このときも、多めに飲ませたりしないように服薬指導をしましょう。
飲み薬は胃や腸で溶け、小腸で吸収されます。下痢は大腸の蠕動運動が活発になりすぎることによって起こることがほとんどですので、薬を吸収する小腸に影響がでることはあまりありません。

このような説明をすることで、なんとしても薬を飲ませなくてはと躍起になっている保護者を安心させることができます。

3-2. 薬を飲む意味を理解させる

きちんと薬を飲んでもらうためには、薬を飲む意味を子どもに理解させることも重要です。子どもに薬が病気を治すために必要なものであることを説明し、理解させるべきであることを保護者に伝えましょう。よく話して聞かせれば、低年齢の子どもでも薬を飲むと症状がよくなることは案外理解できるものです。

まだ子どもなので、一回で理解することは難しいかもしれません。理解して納得してくれるまで根気よく繰り返すようにします。

子どもでも理解できるように子どもの好きなキャラクターを利用して説明したり、薬を擬人化したりするなど、工夫してみるのもいいでしょう。

保護者が子供をなだめたり、薬を飲んでくれるようにお願いしたりするよりも、「どうしても必要な薬だから飲もうね」と毅然とした態度を取る方が良いこともアドバイスするといいでしょう。

3-3. 飲み終わったら、褒めてあげる

子どもが苦手な薬を飲むことができた時は、ちょっとおおげさかなと思うくらい褒めてあげることです。
しっかりと褒めてあげることで子どもは薬を飲むことにポジティブな感情を持つようになります。さらに自分からすすんで薬を飲んでくれるようになれば完璧です。
保護者の方が、子どもが薬を飲んでくれてうれしい気持ちを伝え、薬が飲めた時にはお菓子やシールなどのご褒美をあげるのもいい方法であるとアドバイスしましょう。

また、おじいちゃん、おばあちゃんなどの力を借りて、第三者に薬を飲めたことを褒めてもらい、子どもに薬を飲む気にさせる作戦も有効です。

3-4. ご飯やパンなどの主食に混ぜない

好きな食べ物であったとしても、主食になるご飯、パン、うどんなど主食にあたるものに薬を混ぜるのはNGです。赤ちゃんの場合は、生命線となるミルクに薬を混ぜて飲ませてはいけません。
これは大嫌いな薬が入っていると知って、子どもが主食であるご飯、パンなどをその後食べなくなってしまうことがあるためです。このような理由から、主要な栄養源となる主食に薬を混ぜて与えないように指導しましょう。

4. おわりに

薬を飲んでくれない我が子に苦労している保護者はたくさんいます。そんな保護者に薬剤師として的確なアドバイスをすることができれば、不安を減らすことができるでしょう。
不安そうな保護者には、薬剤師が「どうしても飲まない場合は、再度相談してくださいね。」という一言が添えるだけでもだいぶ心強くなり、安心するでしょう。

小児用の粉薬などを製造する各製薬会社で、該当の薬と混ぜると飲みにくくなる食べ物や飲み物を一覧にした患者用の服薬指導箋が作られています。これらを活用するのもいい手段です。

子どもにきちんと薬を飲んでもらい、一日も早く元気になってもらえるよう、薬剤師としての知識を最大限に生かし、丁寧な服薬指導を心がけましょう。

調剤薬局と病院の転職・求人情報についてはこちら

LINE

この記事を書いた人

薬プレッソ編集部

薬プレッソ編集部

薬剤師のみなさんが仕事でもプライベートでも、もっと素敵な毎日を送れるような情報を日々発信しています。

「薬プレッソ」の「プレッソ」はコーヒーの「エスプレッソ」に由来します。エスプレッソの「あなただけに」と「抽出された」という意味を込め、薬剤師の方に厳選された特別な情報をお届けします。

「プレッソ」にはイタリア語で「すぐそばに」という意味もあります。編集部一同、薬剤師のみなさんと伴走しながら、みなさんの「もっといい人生、ちょっといい毎日」のために「ちょっといいメディア」にしていきたいと思っています。

あなたにおすすめの記事