>  
薬剤師求人検索結果

企業に勤務する薬剤師のお仕事は、病院や薬局で薬剤師として直接患者さんと接するのではなく、治験や新薬の開発・流通などやや間接的な形で医療・医薬品業界に携わります。「薬局や病院よりも一般的なオフィスワークに近いスタイルで働きた・・・(続きを読む)
企業に勤務する薬剤師のお仕事は、病院や薬局で薬剤師として直接患者さんと接するのではなく、治験や新薬の開発・流通などやや間接的な形で医療・医薬品業界に携わります。「薬局や病院よりも一般的なオフィスワークに近いスタイルで働きたい」あるいは「専門分野の研究に没頭したい」という方であれば、企業に転職した方がより理想に近い働き方を実現できるでしょう。薬剤師が企業に勤務するメリットとして「仕事の内容が多彩であり、医療・医薬品業界全般が広く見渡せる」という点が挙げられます。業種にもよりますが、企業の業務内容は病院・薬局・製薬会社などさまざまな業界にまたがることが多いからです。企業からの薬剤師求人は増加傾向にあり、今後とも需要増が予測されます。「薬剤師としての知見をベースに、見聞を広めてもっと広い世界で活躍したい」という方にはぜひチャレンジしていただきたい分野です。(閉じる)

条件に該当する求人数:0

表示件数を変更:

地域
地域を選択する
業種
雇用形態
こだわり
条件を追加する
この条件で検索する

希望に合った求人はみつかりませんでした。

WEBでは公開していない新着・好条件の求人が多数ございます。
ご希望の条件に合った求人を非公開求人を含めて探してみませんか?

WEBで公開できる求人はごく一部です、 お探しの条件にあった非公開求人を優先的にご提案いたします。サービスのお申込みはこちら


  • 求人ポイント
  • 人気ランキング

企業 の薬剤師求人のポイント

企業薬剤師の仕事内容
「企業で働く薬剤師」は、大きく研究職関連・治験業務関連・営業関連に分類できます。
研究職関連には、長い年月と費用をかけて新しい薬を開発する「研究職」が該当し、治験業務関連には、研究所でつくられた新薬候補の化合物の臨床試験に携わり、厚生労働省に申請を行うために必要なデータを整えるため医師と企業の橋渡しを行う「開発職(CRAやCRCなど)」が該当します。
また、営業関連の代表的な職業としては、薬の有用性を医療の現場で働く医師などに理解してもらうために情報提供を行う「医薬情報担当者(MR)」が挙げられます。

近年薬剤師への需要が高まっているのは、製薬会社から治験業務を受託するCRO、医療機関と契約して治験業務を支援するSMOといった機関です。
職種としては、CRA(臨床開発モニター)、CRC(治験コーディネーター)、医薬品に関する情報を収集・整理し、医師や薬剤師に対して最新情報を提供するDI(Drug Information=医薬品情報管理業務)といった比較的新しいものが着実に需要を伸ばしています。
なお、DIには製薬会社や医療品機器メーカーのコールセンターなど、一般の人向けに情報提供や問い合わせ対応を行う業務も含まれます。

企業薬剤師全般についていえるのは、薬剤師としての医薬品に関する専門知識を活用することはもちろん、病院や医療現場・医療従事者に関する理解・造詣の深さなどが要求される仕事が中心となっているということです。
企業薬剤師業界のトレンド
研究職や開発職、MRとして働く薬剤師の働き方はよく知られていますから、ここでは比較的新しい業種・職種について説明しましょう。

○CRO(受託臨床試験実施機関)
CROとは、製薬会社が新薬開発のために行う臨床試験を代行するアウトソーシング企業です。
新薬開発には膨大な開発期間とコストが必要で、製薬会社には金銭的・人的に大きなリソースが負担となります。そこで、臨床試験のスペシャリストであるCROが臨床試験を代行することで製薬会社の負担軽減に貢献しています。

なお、CROの主な仕事のひとつに「モニタリング」が挙げられます。これは、臨床試験を行う医療機関の選定の段階で適格性を確認したり、適正に臨床試験が行われているか、データは正確かといったことを確認したりする業務で、CROに勤務し、主としてモニタリングにあたる薬剤師のことをCRAといいます。CRAとして働く薬剤師には、医薬品に関する専門知識のほかファイリングなどのスキルが求められます。

○SMO
SMOとは、新薬開発に関する臨床試験を受け入れる医療機関の支援を行う企業です。
多くの医療現場は人手不足に悩んでおり、膨大な手間がかかる臨床試験の受け入れは大きな負担です。このため、SMOが臨床試験のスペシャリストであるCRCを医療現場に派遣し、医療機関の負担を軽減しています。

CRCとして働く薬剤師には、試験がスムーズに進むよう多くのスタッフと綿密に連携をとれるコミュニケーション能力、試験のフロー全体を把握・俯瞰して準備や支援、確認を行うマネージメント能力などが求められます。
企業薬剤師の年収・働き方
上記のように、企業薬剤師の働き方は非常に多様です。このため一律に年収の相場を挙げることはできませんが、一般には年収400万円~800万円帯に分布している求人案件が多くなっています。
ただし、MRなどの営業職は成果報酬の要素も大きく、成績次第でもっと高額の年収を得ている人も少なくないようです。
企業薬剤師として働くメリット
企業薬剤師の特徴は、就職先の企業の業種やポジションにより職務内容がバラエティに富んでいるという点です。
「薬局薬剤師」や「病院薬剤師」などの働き方は、職場が異なっても基本的な業務内容にそれほど大きな違いはないでしょう。これに対し、企業薬剤師の働き方は千差万別です。薬剤師という国家資格や医薬品に関する専門知識を武器に、営業・経営・マーケティングといった分野で成功する人もいます。ビジネス的な成功をおさめれば、一般的な薬剤師をはるかに上回る報酬を得ることも可能でしょう。

「一般的な薬剤師の働き方の枠にとらわれたくない」「もっと違う形で社会に貢献したい」「将来は経営者を目指したい」などの希望をお持ちの方は、企業薬剤師への転職を検討してみてはいかがでしょうか。