>  
薬剤師求人検索結果

ドラッグストアでの薬剤師のお仕事は、主に調剤業務とOTC販売です。OTC販売だけを行うドラッグストアもありますが、近年は調剤室を併設した店舗が増えており、多くのドラッグストアで調剤業務に携わることができます。近年、セルフメ・・・(続きを読む)
ドラッグストアでの薬剤師のお仕事は、主に調剤業務とOTC販売です。OTC販売だけを行うドラッグストアもありますが、近年は調剤室を併設した店舗が増えており、多くのドラッグストアで調剤業務に携わることができます。近年、セルフメディケーションの重要性が世界的に注目を集めています。お客様に一般用医薬品を適正使用していただくためのアドバイスや専門知識に基づく受診勧告など、OTC販売においても薬剤師の重要性は大きなものとなっています。お客様とのコミュニケーションを通じて、他の薬局では味わうことのできないやりがいを感じることもできるでしょう。さて、ドラッグストアで働くメリットは、キャリアに応じて店長やエリアマネージャーなど店舗や企業の経営に参画する道も拓けるという点にあります。ビジネスに興味のある方は、このような昇進機会が設けられた求人案件を選んでみるのもひとつの選択肢かもしれません。経営スキルのある薬剤師は将来の転職の幅も広がります。(閉じる)

条件に該当する求人数:0

表示件数を変更:

地域
地域を選択する
業種
雇用形態
こだわり
条件を追加する
この条件で検索する

希望に合った求人はみつかりませんでした。

WEBでは公開していない新着・好条件の求人が多数ございます。
ご希望の条件に合った求人を非公開求人を含めて探してみませんか?

WEBで公開できる求人はごく一部です、 お探しの条件にあった非公開求人を優先的にご提案いたします。サービスのお申込みはこちら


  • 求人ポイント
  • 人気ランキング

ドラッグストア の薬剤師求人のポイント

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容
ドラッグストアで働く薬剤師の主な役割は、膨大な薬の中からお客様に適切な医薬品を紹介し、適正に使用できるようアドバイスを行うというものです。
たとえば、風邪薬ひとつとっても、ドラッグストアにはさまざまな製薬会社の製品が並んでいます。一般消費者は知名度の高い製薬会社の薬や、盛んにCMを行っている薬を選びがちです。しかし、その人の症状や体質によっては、そんな基準で選んだ薬が適切であるとは限りません。
ドラッグストアに勤務する薬剤師は市販薬(OTC医薬品)に関する広範な知識が求められます。
また、ドラッグストアに来店するのは「患者さん」ではなく「お客様」です。このため、服薬指導などにおいても調剤薬局などとはお客様への接し方が異なり、接客に重心を置いたコミュニケーションスキルが必要になります。
ドラッグストア薬剤師業界のトレンド
相変わらず成長が続いているドラッグストア業界ではありますが、近年は市場が成熟期に入り、食品や生活用品など医薬品・サプリメント以外のアイテムの扱いが大きくなったことから、コンビニなど他業種の小売店との競争が激化してきています。
このため大手ドラッグストアチェーンでは健康食品・一般食品などでPB(プライベート・ブランド)製品が盛んに開発されるようになってきました。
ドラッグストアに勤務する薬剤師は薬に関するアドバイスだけでなく、これらの商品の販売や管理にも注力する必要があります。
一方、調剤部門に主眼を置き、専門性を追求することで差別化をはかろうとしているドラッグストアチェーンもあり、薬剤師としても、「自分が働きたい方向性」を考慮したうえで転職先のチェーンを選ぶ必要があるでしょう。
ドラッグストア薬剤師の年収・働き方
ドラックストアの場合はチェーンによって差があります。調剤薬局と同等の400万円からスタートして、店長クラスにまで昇格すると、薬剤師として年収700万円越えも期待できます。
他の業種と比較して初任給が高いのがドラッグストアの特徴ですが、勤続年数に応じて昇給していくというより、就職後の収入は成績によって左右される面が大きいようです。ただし、大手ドラッグストアチェーンは従業員数も多く、福利厚生面でほかの業種よりも恵まれている傾向にあります。
ドラッグストア薬剤師として働くメリット
薬剤師がドラッグストアに勤務することのメリットは、「店舗運営スキル・接客業スキルが磨かれる」ということです。言い換えれば「経営感覚が身につく」ということでもあります。
医療用医薬品を扱うドラッグストアでは、薬事法により薬剤師の常駐が義務付けられています。このため、薬剤師を店長候補と考えるドラッグストアチェーンも数多くあります。
薬剤師としてのスキルが磨かれるというよりも、店舗を切り盛りしていけるだけのスキルを身に付ければ、もちろん収入も増えますし、ほかのドラッグストアチェーンに転職する際に高く評価されるでしょう。
薬剤師として地域の人々へ貢献できるとともに、接客サービスの「頑張りが数値として表れる」というやりがいも感じられるドラッグストア。接客が好きな方には特に向いている業種ではないでしょうか。
ドラッグストアメディウェルがあなたにできること
ドラッグストアチェーンは経営規模も大きく、また店舗数も非常に多いため、求人情報は刻々と変化していきます。このため、メディウェルでは常に最新の求人情報をご提供するため、チーム体制で情報更新作業を担当しています。
一般に、調剤薬局グループが運営する求人情報サービスは親会社の調剤薬局チェーンなどの紹介をメインとしていることが多いのですが、メディウェルでは業態によらず、「転職を希望する薬剤師ひとりひとりの希望にしっかり耳を傾けて、その人がもっとも活躍できる、働きやすい仕事」を紹介することを心がけています。もちろんドラッグストアチェーンへの転職も例外ではありません。
年齢・性別・働き方を問わず、幅広い分野での転職成功例を数多く保有しているのが私たちの誇りです。
メディウェル 薬剤師転職ドットコムは、薬剤師のための転職コンシュルジュ。単なる就職マッチングではなく、あなたの理想の転職を実現し、幸せなキャリアを築いていただくための総合的な支援を行っています。薬剤師の転職に関する悩みは、どのようなことでもお気軽にご相談ください。