ブラックな職場の見分け方
転職情報満載 薬剤師専任!コンサルタントコラム

メディウェルの薬剤師専任コンサルタントが、薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ
最新情報をお届けします。

ブラックな職場の見分け方

2015/12/22

薬剤師の皆様、こんにちは。
福岡営業所コンサルタントの大木 博史です。


薬剤師といえども、長時間労働に悩まされる職場は少なからずあるようです。薬剤師として働くときにそのような職場は誰もが避けたいものだと思います。入ってしまってから「ブラックだった!」と後悔してしまわないように、注意しておくべきポイントを紹介します。

~過酷な労働環境に巻き込まれないために~


あなたの職場のブラック度をチェック!

ブラックな職場の明確な定義はありませんが、以下のチェック項目で複数当てはまったら、あなたの職場はブラックである可能性が高いといえます。

・残業が常態化している
・サービス残業させられる
・休日出勤が多い
・休みが取れない
・休憩時間が取れない
・給料が不当に低い
・昇給がない
・医師や看護師など医療スタッフによる薬剤師いじめがある
・薬事法に違反している
・調剤報酬を不当に請求している

以上がブラックな職場でよく当てはまる項目です。しかし、調剤薬局には大手から個人経営まで規模は非常に幅広いです。大規模チェーンのドラッグストアに入っても、そこがブラック企業である可能性は否定できません。究極のところ、ブラックな職場には気をつけていても「入ってみないと分からない」ところがあります。それでも、ブラックな職場の見分け方を知っていることで、回避できる場合もあります。

求人広告の見方

求人広告には、よく「感動」「夢」「成長」「アットホーム」ということばがならびます。しかし、薬剤師の業務と関連なく、こうしたことばを訴求する企業は要注意です。はじめての転職活動では、求人広告から業務内容をイメージするのは難しいものですが、とはいえ、実際の業務がまったく想像できないような求人は避けたほうがいいでしょう。意図的に不明確にしている場合があります。

また、調剤薬局では若くして管理薬剤師などに昇進・昇格できるところもあります。しかし、実務経験もほとんど積んでいないのに、管理薬剤師を任されても疲弊してしまうだけです。こういった企業の求人は、新卒や若手に対しては高額な給料が支払われる場合が多いですが、その後の給与の伸びが少ない場合も多いです。

面接でブラック度をチェック

面接は職場のブラック度を知るよい機会です。ここで「何か変だな」と感じたら、しっかりと質問をしてその対応のしかたによってブラックな職場をうかがい知ることができます。

企業によっては明らかに過酷な労働条件を提示して、それが普通であるかのように偽装するところがあります。ぎりぎりの人員で業務を回している調剤薬局やドラッグストアに多いパターンです。週40時間を超えた場合の残業代の支払いについては、面接時にしっかりとチェックしておきましょう。

また、給与や残業代といった待遇面よりも、人間関係で悩まれている薬剤師は多いです。そのため、面接において面接官から受ける印象は大切にしたいところです。職場をのぞけるならぜひ見学してみましょう。「ここで一緒に働きたいか」と、一度胸に問いかけてみてください。

今回の講座のポイント
■「高収入」「夢」「昇進」…甘いことばがならぶ求人に注意
■面接で会社の雰囲気や待遇をしっかりとチェック


ブラックな職場か気になる場合は、休暇の取得実績などもチェックしましょう。
>>出産・育児に理解のある勤務先は?産休・育休取得実績ありの薬剤師求人一覧

※記事の内容・リンクは掲載当時のものです。予めご了承ください。

このコンサルタントのプロフィール紹介
転職の疑問・お悩みにお答えします。コンサルタントに相談する
携帯・PHSからもOK!ご相談だけでもお気軽に。フリーダイアル 0120-106-238