調剤薬局と病院薬局の違い
転職情報満載 薬剤師専任!コンサルタントコラム

メディウェルの薬剤師専任コンサルタントが、薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ
最新情報をお届けします。

調剤薬局と病院薬局の違い

2015/12/21

薬剤師の皆様、こんにちは。
福岡営業所コンサルタントの大木 博史です。


いきなりですが、調剤薬局と病院薬局の業務内容の違いを知っていますか?近年は医薬分業が進んだことで、調剤薬局と病院薬局の仕事内容が変わってきています。

調剤薬局の仕事内容

調剤薬局の主な仕事内容は、病院やクリニックを受診した患者さんが持ち込んだ処方箋に従い、医薬品を調剤し、その薬について分かりやすく説明することです。特に、持ち込まれた処方箋に不備がないか確認する処方箋の「鑑査」や、薬の保存方法や用法について説明する「服薬指導」は調剤薬局の重要な役割となります。

管理薬剤師となると、これらの仕事に加えて、レセプトの集計や医薬品の在庫管理などを把握する業務が加わります。管理薬剤師になるには、何か特別な資格が必要というわけではありません。会社によっては、早くて6か月ほどで管理薬剤師として薬局を任されることもあるようです。

病院薬局の仕事内容

医薬分業によって、外来患者の医薬品は調剤薬局が受け持つようになりました。その影響で病院勤務の薬剤師の役割は、病棟にいる患者さんに対して、薬学的な観点からケアすることに変わってきています。

病院薬局の主な仕事内容は、入院患者向けの「内服薬」と「注射薬」の調剤の大きく2つに分かれます。また、調剤薬局と同様、患者さんに対してこれから飲む薬の服用法や副作用について説明する「服薬指導」も大切な業務です。病院勤務の薬剤師は病棟に患者さんがいることで、継続して患者さんと関わることになり、投薬した患者さんのアレルギーや副作用などに気づきやすいことがメリットとして挙げられます。

近年、薬剤師は「チーム医療」の一員として、医師や看護師と協働して医療行為にあたっています。そのため、医師や看護師に薬についての情報を提供する医薬品情報活動が加わりました。一般的な調剤薬局よりも取り扱う医薬品が多くなることも特徴です。病院勤務の薬剤師では、今まで以上に専門的な知識が求められ、仕事内容はより複雑化、高度化している傾向にあります。

働きやすいのはどっち?

ここからは、調剤薬局と病院薬局の働きやすさを比較しましょう。病院から調剤薬局への転職は比較的簡単ですが、調剤薬局から病院への転職は困難だといわれています。これは、病院薬剤師の人気が高く、中途採用の枠が少ないからです。そのため、将来どちらに進もうか迷っている人は、キャリアパスを広げる意味で、まずは病院への就職をおすすめします。

一方で、ワークライフバランスで比較するなら調剤薬局がおすすめです。調剤薬局は病院勤務に比べて、休暇が取りやすく、給与も高めです。結婚や出産で一時医療現場から離れた女性薬剤師も多く活躍しているといいます。

地方においては、中小企業を中心に予定採用人数に達しないところが出ており、好条件求人を提示していることも多くあります。また将来、自分の薬局を開局したいと考えているなら、中小の調剤薬局で社会人としての基礎を身につけ、管理薬剤師として一店舗を任されてみると、よい勉強になるでしょう。

今回の講座のポイント
■給与の良さとワークライフバランスが充実している調剤薬局
■高度なスキルを学べ、キャリアパスが幅広い病院薬局は転職先として人気

※記事の内容・リンクは掲載当時のものです。予めご了承ください。

このコンサルタントのプロフィール紹介
転職の疑問・お悩みにお答えします。コンサルタントに相談する
携帯・PHSからもOK!ご相談だけでもお気軽に。フリーダイアル 0120-106-238