公務員として活躍する薬剤師の実態とは?

薬剤師の勤務先というと調剤薬局や病院、ドラッグストア、製薬会社などが思い浮かびますが薬剤師の資格が活かせる公務員の職種もあります。
その実態についてご紹介していきましょう。

薬剤師の公務員はメリットも多いだけに狭き門

元々公務員試験の倍率が高い上に薬剤師関連は求人数も少ないので、薬剤師としての公務員になるのはかなりの狭き門になります。
公務員は職種に関わらずその安定性により現代では特に人気が高いです。
受けるのは地方公務員の上級試験や国家公務員試験となり、大卒程度の学力が必要とされるので内容も難しく、相当な努力を積まなければ合格は難しいと言えるでしょう。
それでも公務員になれば福利厚生の待遇面ではかなり良い条件で働くことができるのが魅力です。
女性であれば産休育休もきちんと取れますし、休んでいる間の手当なども一般企業より手厚いです。
職種によってはシフト制で勤務を組んでいる調剤薬局よりも休みが取りやすいという利点もあります。
何よりも会社がつぶれたりリストラされたりする危険性が低いのもそのメリットですね。
このようなメリットが多いだけに公務員になるのはとても難しいのが現状です。

収入は高いとは限らない

公務員としての給与になりますので、普通の民間企業よりも少し良いくらいです。
初任給で見ると月給が22万円ほどで年収はボーナスも含めて350万円ほどです。
決して極端に高いわけではありませんね。
一般の会社の調剤薬局などの方が薬剤師として優遇されて高い給与をもらえる可能性が高いです。
公務員は給与が高いイメージがありますが、それは一般の会社などの給与と比べた場合であって元から給与が高い薬剤師の給与と比べると一概に公務員の方の給与が高いとは言い切れませんね。
しかし、公務員は何よりも安定性がありますし、会社がつぶれることはありません。
昇給も業績に関わらず毎年行われることが多いので長い目で見れば確実に給与は上がっていくことが予想されます。
出世の状況次第で生涯賃金は一般の調剤薬局勤務よりも高くなることがあります。

公務員であることのデメリット

公務員になってしまうと辞めたら当然もう同じ公務員になることは難しく、これまでの仕事が特殊なだけに経験が活かせない場合がほとんどです。
国家公務員であれば転勤の可能性もありますが、これが民間の企業で良ければ自分の家の近くの調剤薬局に勤めることも可能ですね。
民間企業であれば勤務時間や残業の有無や休日なども膨大な求人情報の中から選ぶことができ、かなり自分の希望に沿った勤務条件で働くことが可能なはずです。
公務員の場合は上部機関で定められた勤務地、勤務条件での勤務になりますので融通は利きません。
公務員として働くからには転勤の可能性があるということを覚えておきましょう。

実際の仕事内容とは?

公務員とは言っても都道府県が運営している病院での調剤業務など、一般の薬剤師と同じような業務や申請作業などを含めたデスクワークに加え、以下のような検査立ち入り業務があります。
医薬品の製造業者の立ち入り検査や指導、保健所などの衛生監視関係業務、麻薬取締官としての薬物犯罪に関わる捜査への協力、不正使用を防止するための指導、商品衛生監視員としての輸入食品の監視業務や試験検査業務、検疫衛生業務などです。
これらは公務員ならではの業務となりますので、調剤業務などではなかなか携わることができない特別な業務に就いてみたい人には向いているかもしれません。
逆にいうと直接患者さんと関わって調剤業務を行いたい人には向いていない職種とも言えます。
しかし特殊な業務になりますので、同じ業務での転職は難しく、辞めた場合には新たな仕事を一から覚えるということにもなりますね。
公務員の仕事は人気もあり安定性や特別感もありますが、それだけ融通が利かない世界でもあります。
自分がどのような仕事に就きたいのか、どのようにキャリアを積んでいきたいのかということをよく考えて公務員を目指すのかどうかを考えると良いでしょう。

「薬剤師の働き方」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。