転職の際にしっかり把握しておきたい! 薬剤師の最新の就職事情とは!?

薬剤師は求人数が多く、薬学部の6年制が導入されてからは売り手市場の傾向が高まっています。
そんな中、薬剤師の就職事情はどうなっているのでしょうか。
厚生労働省のデータから最新の就職事情を読み解いていきましょう。

薬剤師の就職先

【最も多いのは調剤薬局】

平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況 厚生労働省 平成25年12月17日発表の資料による概況とまとめると以下のようになります。
平成24年12月31日時点薬剤師数は280,052人(男 109,264人、女 170,788人)
前年と比べると 3,535人の増加となっています。
薬剤師の就業先は薬局が54.6%、病院・診療所が18.8%、医薬品関連企業が16.1%、行政機関や保健衛生施設が2.3%、大学の従事者が1.9%となっています。
増減を見ると薬局は5.1%、病院・診療所は1.3%、行政機関や保健衛生施設は2.2%の増加になっているのに対して、医薬品関連企業は4.5%、大学の従事者は30.4%の減少となっています。
薬局の薬剤師が大幅に増え、大学などの研究生などが大幅に減っているということがわかりますね。
年次推移でみても病院や診療所がほぼ横ばいなのに対して薬局に従事する薬剤師数は毎年一定数に伸びています。
このような事情で薬局関連の求人数が多いということですね。
薬学部の6年制が導入され、初めての卒業生が就職した2012年4月から3年経った2015年度は転職の需要も高まり、まだしばらくは薬局での求人数は増加傾向になるのではないでしょうか。

都道府県別にみると

【都道府県によって差がある】

人口10万人に対する都道府県別の薬剤師の人数を見ると徳島県が199.5人と一番多く、次いで東京都198.1人、兵庫県188人となっているのに対し、沖縄県が125.3人と最も少なく、次いで青森県126.4人、福井県128.4人となっています。
都道府県によりかなり差があるということですね。
薬局および一般販売業の薬剤師の員数を定める省令によると処方箋数40枚について薬剤師を一人と取り決めています。
薬剤師が少ない地域ほど薬剤師の人員確保が深刻でありそれだけ時給が高い傾向にあります。
給与の高い求人案件を求めている場合は薬剤師の少ない地域での募集を探すと、高待遇な勤務条件の求人案件に出会える確率が高いでしょう。

年齢構成別にみると

【若手は減少傾向、高年齢者は増加】

薬局・医療施設に従事する薬剤師を年齢階級別にみると薬剤師の割合が最も高いのは30~39歳で26.1%、次いで40~49歳が23.1%となっています。
2年前と比べると増減が顕著なのは29歳以下の8.8%の減少と、60~69歳の14.5%増加です。
29歳以下が少ないのは薬学部の6年制導入の影響が高いですが、現場では若手の薬剤師が不足しており、退職間近の高年齢者が増加しているということですね。
このような数値から求人では若手の薬剤師が求められていることと、高年齢の薬剤師が定年などで退職することにより求人が増加するということが予想されるのではないでしょうか。

就職事情から読み解く転職のポイント

【若手の売り手市場はしばらく続く】

以上のような数値から薬剤師の転職求人先は薬局が多く、それらが今後も数年は増加傾向になることが見込まれるでしょう。
また、20代30代前半の若手薬剤師への需要が高まっているのではないでしょうか。
数値的な面からも若い薬剤師の就職は特に売り手市場と言えますね。
しかし、売り手市場で求人がたくさんあると言ってもそれだけ良い条件を求めて転職活動をする薬剤師も多くなり、競争が激しくなります。
更に6年制出の方が良いのか4年制出の方が良いのかといった求人側の好みも出てくるかもしれませんね。
薬剤師は売り手市場と言いつつ、数年経てば6年制導入による求人の増加も落ち着いてくるでしょうし、転職を考えているのならば今が良いタイミングかもしれません。
良い条件の求人にはそれだけ応募者も殺到しますので、転職を考えている場合は転職力を磨く必要があります。
売り手市場と言う言葉に惑わされず、自分の志望動機やアピールポイントなどを見直して他の薬剤師よりも良いアピールができるように努めましょう。
売り手市場だからと何の準備もせずに何となく面接受けるのか、きちんと準備をした上で面接に臨むのかによって好条件の就職先に就職できるのかが決まってきます。

「薬剤師の転職」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。