薬剤師の募集案件は件数が多い! 良い求人を見極めるコツとは?

現在、インターネット上には薬剤師の転職サイトが多数存在し、求人案件もたくさん出ています。
どんなにたくさん求人情報があっても、大切なのはたくさんの求人案件の中から自分が働きやすい職場の求人を正しく見極めるということではないでしょうか。
良い求人を見極めるコツについてご紹介していきましょう。

高時給の求人広告は転職サイト登録につながっている

厳選した転職サイトのみに登録しよう

薬剤師の求人というと他の職種よりは時給が高いのは周知の事実です。
他の職種であればパートなどは時給800円~1,000円がほとんどなのに対して薬剤師では時給2,000円前後が多いですね。
ネットのバナー広告など見ると時給3,500円以上、中には時給4,000円以上というものもあるのではないでしょうか。
ネットのバナー広告はバナーボタンをクリックするとすぐに求人の詳細情報に繋がるのではなく、転職サイトの登録のサイトに繋がることがほとんどです。
多くのサイトに登録したくない場合には登録をしなくとも求人情報を閲覧できるサイトを探してみるのも良いでしょう。
登録をすると一方的に求人情報がたくさん送られてきてしまう場合もあります。
高い時給の求人情報に乗せられて安易に登録をしない方が賢明ではないでしょうか。
転職を考えている時には自分が厳選した数件の転職サイトのみに登録をした方が転職活動もしやすくなるはずです。

勤務条件は細かくチェック

応募する前に勤務条件を確認しよう

良い求人を見極めるためには勤務条件を詳しくチェックするのは言うまでもありません。
中でも時給が高すぎる場合にはそれなりの理由がある場合も多いです。
時給が高額で、住宅の提供や引っ越し代の支給までの福利厚生があるという求人の場合は、勤務地は薬剤師がなかなかいないような地域であったり、一人薬剤師の職場であったりすることが多いです。
もちろん、そういった職場は時給の分だけ中身の濃い経験ができたり、スキルアップもできる場合も多く、挑戦するだけの価値はもちろんあります。
それでも、勤務地や勤務状況の確認ができない場合は安易に応募をしないようにしましょう。
面接を受けに行ってから自分希望の条件に合わない部分を知って、辞退することになっては無駄足になってしまいますね。
応募する際に勤務条件を詳しく見て、不安要素はないのかをじっくり吟味してから応募を検討しましょう。

職員の構成について詳細を聞く

人員構成により職場の雰囲気は異なる

実際に就職をして働くとなると人間関係は重要です。
特に調剤薬局などの薬剤師の業務は狭いスペースの中で同じメンバーで仕事をするので人間関係がうまくいかないと自分自身が大変になってしまいますね。
これは応募する確認すべき人員構成のポイントは以下の点を参考にして下さい。

・薬剤師と事務員の構成
・男女比率
・正社員とパートの割合
・入社経験年数の分布
・働いている薬剤師の年齢層

これらがわかれば大体どんな感じの職場なのか想像がつくのではないでしょうか。
薬剤師の職場の雰囲気は人員構成によって大きく変わってきます。
自分が働きやすそうな職場だと感じたところだけに応募をするようにしましょう。

気になることは入社前に要確認

確認すべき事項はたくさんある

転職をする際に誰もが気になる部分はたくさんあると思います。
以下の点なども気になるようでしたらぜひ確認した上で応募するかどうか決めて下さい。

・残業の有無
・在宅療養者向けの服薬指導があるのか
・サービス残業はあるのか
・ドラッグストアの場合、レジ打ちなどの本来の薬剤師の業務以外の対応はあるか
・事務の仕事も兼任するのか
・昇給の実態はどうなっているのか
・他店舗へのヘルプ勤務があるのかどうか

面接を受けに行ってから「こんな条件なら受けに行かなければよかった」ということにならないように事前に確認できることは確認してみて下さい。

薬剤師の求人情報はたくさんありますが、その中でも自分に合った良い求人条件に出会うためにはそれなりの努力が必要だということを覚えておきましょう。

「薬剤師の転職」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。