薬剤師の転職で有利に働く転職理由とは?

人手不足で良好な勤務条件の薬剤師求人が拡散されている現在では、転職を考えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか?
転職の際に有利に働く転職理由とその活かし方についてご説明していきましょう。

実際の転職理由で多いのは?

実際に薬剤師が転職を考える転職理由で多いのは人間関係です。
数人しかいない調剤薬局の中ではなかなか人間関係がうまく行かないことも多く、それが転職の理由になることも少なくありません。
また、薬剤師の人数が少ないドラッグストアでの勤務では他の販売員や店長との関係に悩んだり、実際に勤務中は自分しか薬剤師が在籍していないことも多いために重い責任を感じたり、同じ立場の人がいないことなどに悩む人も多いです。
他にも土曜日出勤が家庭の事情と合わなかったり、残業で早く帰れなかったりすることが原因で、転職を考える薬剤師も多いです。
それでもこれらの理由は勤務先を変えることにより解決される場合も多いので、これらの理由に悩んでいる場合に転職するだけの価値があるのではないでしょうか。

現職の悪口は言わないのが鉄則!

現在就業中である場合、転職理由は面接でも必ず聞かれることでしょう。
しかし、ここで残業が多くて辛いから、人間関係が悪いから、給料が上がらないからという後ろ向きの理由をストレートに言ってはいけません。
それに繋がるような表現もできるだけ避けた方が無難でしょう。
薬剤師は人手不足の職場が多いのは事実ですが、採用する側にしてみれば前の職場を悪く言うような人は採用したいと思えません。
見え透いた嘘はばれやすいので嘘をつくわけではありませんが、できるだけ前向きな転職理由を告げるようにしましょう。
残業が多くて転職をしたい場合には残業が確実にない求人に応募して、「会社にも家族にも迷惑をかけないために残業のない職場に応募した」と言えば、本心として伝わるでしょう。
人間関係に悩む場合には大人数で働く職場や異動のある職場などに応募して「調剤の技術に幅を持たせるためにももっとコミュニケーション能力を磨きたいと考え、多くの人と触れ合う職場に転職したくて応募した」と伝えれば前向きな姿勢が伝わるでしょう。
できるだけ「○○できないから」ではなく「○○したいから」という方向で話を持っていくと良いですね。

人気求人でも採用されるためには?

薬剤師ででは土曜日出勤、残業が発生する場合も多いので、土日祝日休み、17時半には帰宅可能、年収600万円以上というような好条件の求人があれば希望者がすぐに殺到して競争率は高くなることでしょう。
人気求人の就職先に採用されるためには、他の応募者よりも好印象を与える必要があります。そのために転職理由は前向きな理由を伝えるようにしましょう。
前向きな転職理由として伝わりやすいのは、やはりキャリアアップに関することではないでしょうか。
キャリアアップできるような研修制度が整っている、異動や店舗の運営体制により多くのスキルが身に付けられるなどの理由で転職したいと伝えれば、仕事に対するやる気も会社に伝わり採用されるチャンスも広がることでしょう。

同じ転職理由で転職しないために

転職をする際には転職理由が解消される職場への転職を目指す人が多いでしょうが、いざ転職をしてみると新たに転職したくなるような理由が出てくる場合も多いです。
そのようなことを防ぐために、転職理由を解消したところに転職した際に、実際にどうなるのかを考えてから転職先を選ぶようにしましょう。

<例1:残業が多くて転職したい>

残業がないところに転職した場合に、仕事はそれまで忙しくはないかもしれませんが、お給料が下がる場合もあります。
残業代が全くゼロにもなりますし、忙しくない職場であれば元々のお給料も設定が高くないかもしれません。
残業がない職場に転職した際に、給料がどのくらい下がっても大丈夫なのかを、自分の中で再検討をしてから転職先を探すようにしましょう。

<例2:人間関係が原因で転職したい>

人間関係が原因で転職した場合には、職場さえ変われば状況は改善されることも実際には多いですが、また新たな人間関係で悩む可能性もありますね。
前の職場の人間関係のどんなところが原因だったのかを考えてみましょう。
例えば薬剤師と事務の正社員しかいなく、パートの身分は自分だけだった、など自分だけが異なる立場であったのであれば同じ立場の人がいるようなところを転職先に選ぶといいでしょう。
同じ理由での転職を繰り返さない為に、転職の際には就業先の状況を詳しく知った上で応募をし、同じ理由で悩まないようにしましょう。

<例3:自分の求めているキャリアが積めない>

自分の求めているキャリアが積めない場合は、自分の希望のキャリアが積める様な転職先をみつけて、更にそこで採用されるのは難しい場合も多いです。
これまでの経験やスキルが重視されるからです。
今のあなたの持っている経験では求める仕事に就くのが難しいようであれば、研修がしっかりしている会社やキャリアアップした後に希望の仕事に近づけるような転職先を探してみましょう。
薬剤師を雇い入れる会社には、研修制度がしっかりしている会社もたくさんあります。

いずれにせよ、同じ転職理由や新たな理由で悩まないためには、自分の本来の希望を明確にした上で求人情報を詳しく吟味し、自分に合った転職先を見つけることが何よりも大切です。
薬剤師なので求人情報はたくさんありますが、応募の前に応募先企業のことや仕事内容を詳しく知ってから応募をするようにしましょう。

「薬剤師の転職」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。