求人の多い薬剤師だからこそ慎重に! 派遣会社の賢い選び方!

薬剤師として働く際に正社員・パートと異なる形態がありますが昨今では派遣社員と言う勤務形態も増えています。
派遣会社を選ぶ際に大切な事についてご説明していきましょう。

派遣として就業することのメリットとは

そもそも派遣として働く際のメリットとは何でしょうか?
パートよりは時給が高く正社員ほどのしがらみもなく契約期間に期限があることです。
時給はパートでは2000円前後が多いのに対して派遣では2500円~3000円が多いです。
稀に3500円や4500円と言った案件もありますが、一時的なものであったり深夜勤務であったり、勤務地が遠方の物であったりそれなりの理由があることがほとんどです。
また、正社員やパートでは異動がない限りずっと同じ人間関係で働くことになりますので何かうまくいかないことがあってもずっと我慢をしなければなりません。
しかし、派遣であれば就業期間に終わりもあるので終了期間まで我慢すればよく、派遣期間終了後はまたすぐに違う就業先に派遣されることが可能です。
薬剤師の求人はたくさんありますので次の派遣先を探すことはそんなに難しいことではありません。
派遣としての就業を考える際にはこれらのメリットを最大限に活かせるような職場で働く際にも派遣会社の選定は重要です。

派遣の立場を最大限に活かせる会社とは

薬剤師の派遣会社は多数ありますが会社によってもそれぞれ得意分野やフォローの仕方に差があります。
派遣での就業を考えている場合には複数の派遣会社に登録をしてそれぞれの会社の特徴を比べてみるとい良いでしょう。
また、良い条件の仕事に巡り合えるかどうかは良いコーディネーターに出会えるかどうかでもあります。
そのためにも複数の派遣会社に登録をしておいた方が良い条件の仕事に巡り合えるかどうかが変わってくるでしょう。
また自分の希望に合わない無駄な紹介を減らすためにも自分の条件はある程度厳しく設定しておくことが大切です。
土日祝日休みは絶対、必ず○時までには帰宅できる、などの勤務条件以外にこんな経験が身につく職場がいいと、仕事内容についても明確に希望を伝えておくようにしましょう。
大切なのは多くの求人が紹介されることではなく、自分が働きやすい職場を紹介してもらえることです。

就業してからのフォローも大切

派遣会社は就業先を紹介したらそこで終わりではありません。
定期的に担当営業が様子を見に来たり、派遣先で生じた質問を専属スタッフがフォローしたりするような体制を整えているところもあります。
派遣会社を選ぶ際には就業後にどんなフォローがあるのかも見ておくようにしましょう。
派遣で就業している時には働いているのは派遣先の企業であっても所属は派遣会社になりますので有給や福利厚生を利用することを考えればその制度が充実していることが必要です。
登録の際にどんな福利厚生があるのか、利用できる研修制度にはどんなものがあるのかは必ず把握するようしましょう。
派遣会社の口コミなどを調べてみるのも良いですね。

派遣にこだわる理由はあるのか?考えておくことが必要

派遣としての就業は働く期間が限られていますので一つのところだけ長く勤めて行きたいと思っている人には向かない就業形態です。
派遣の経験しかなく、そろそろ正社員として働きたい場合には紹介予定派遣の制度を利用するのも良いでしょう。
派遣という限られた期間だけでの就業に慣れてしまうと、一生働くことになる正社員として勤務する会社を選ぶのはとても不安が伴うものです。
初めに派遣として働いておけば、実際に長く就業するのにふさわしい会社なのかを見極めることができるでしょう。
育児期間中で働ける時間が限られている場合などは勤務時間や勤務日数を選べて時給が高い派遣の勤務形態はメリットも多いでしょう。
しかし、長く働ける場合には一生派遣社員でもよいのかを一度考え直した方がよいかもしれませんね。
正社員としての就業を目指すのであれば採用されやすい若い年齢のうちが良いでしょう。
いずれにせよ、どんなキャリアを積んでいきたいのかを自分の中で明確にしておくことが大切ですね。

「薬剤師の転職」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。