パートでも手は抜けない! 薬剤師のパート求人を見極めるためのコツ

現代ではインターネットでの求人情報の掲載が盛んで、求人とは関係のないサイトを閲覧していても求人サイトの広告もたくさん見かけますね。
中でも薬剤師、看護師などの医療系求人サイトはその種類も多数存在し、見かける頻度も多いのではないでしょうか。
実際に薬剤師などの求人情報はたくさんあり、パートでの求人も多数存在します。
この膨大な情報量の中で自分に合った情報に出会うのは至難の業とも言えるでしょう。
薬剤師のパート求人を見極めるためのコツについてご紹介していきましょう。

薬剤師はパート求人が多い

薬剤師は求人情報の中でもパート求人の種類が多いです。
薬剤師は女性が活躍していることも多く、育児などの事情で短時間などのパートとして勤務体系を希望している薬剤師が多いからです。
平日午前中のみ、土日勤務のみ、夕方の勤務のみ、など自分の都合で選べる様々な求人があります。
シフト制で自分の都合のいい時間帯を選ぶことができる求人もありますし、育児などで限られた時間しか働けない人には選択肢の多い職業とも言えますね。
育児後の職場復帰ではまずはパートから働こうと思っている人も多いのではないでしょうか。
その際に今まで配偶者の扶養に入っていた人は、年間収入103万円を超えると税法上の扶養から外れますので所得税を払う必要が出てきます。
更に130万円を超えれば社会保険の扶養からも外れますので、年金や健康保険の社会保険料を支払う必要も出てきますね。
配偶者の会社から扶養手当が支給されている場合には扶養から外れることによってその支給が停止される場合もあります。
パートで働く際は年間収入をどのくらいまでに抑えて働くのかを考えた上で、パート求人を探すようにしましょう。

自分の経験や強みを整理しよう

薬剤師はパートであっても勤務時間がフルタイムではないだけで仕事内容は正社員と変わらない働きを要求される職業です。
面接の際も今までの職種内容がこれまでと一致しているのかどうか、詳しく聞かれる場合もあります。
薬剤師は求人件数がたくさんあるとは言え、自分の希望の勤務条件にあった求人と言うのはそんなにあるわけではありません。
自分が希望したところに確実に採用されるためにはこれまでの経験を整理して、希望の職場で活かせる自分の強みを洗い出してみましょう。
例えば、皮膚科に隣接する調剤薬局に応募する際に、前職でも皮膚科の処方が多い薬局にいた、とかドラックストアに応募する際に前職では調剤以外のレジや品出しの補助も行っていたので幅広い業務に対応できる、などです。
いかに前職と希望の職場との共通点を探すかが大切だということですね。
もし前職と違った職種内容への転職ということであればその熱意を伝えると共に前職で培った経験や仕事上のスキルなどもアピールしてみて下さい。
一見、職種は違っても活かせることは探せばそれなりにあります。
例えば病院勤務の薬剤師として勤務した経験は町の調剤薬局でも活かせるものではないでしょうか?
どちらも患者さんのニーズや適切な服薬指導が必要とされるという点では同じですよね。
同職種の経験がないから転職が無理ということはありません。
前職で頑張った経験やスキルをぜひ整理して面接でわかりやすく伝えることを意識してみましょう。

働きやすい職場とは

それではパートの薬剤師や働きやすい職場とはどんな職場でしょうか。
パートでまず必要なのは勤務時間が自分の希望に合っているか、残業や休日出勤はないかどうかということです。
パートというからには勤務時間が限られている事情を抱えているわけですから、終業時間になっても帰れないというのは非常に困りますよね。
また、同僚が正社員ばかりでパートが肩身の狭い思いをするのは働きにくい職場と言えます。
就職先は自分と同じようなパート薬剤師も活躍しているところが働きやすいのではないでしょうか。
最近では就業先の人員構成や人間関係、職場の雰囲気などについても教えてくれる転職支援サービスを展開しているエージェントなどもあります。
「同じようなパート勤務の薬剤師が多く働いているところを希望している」「子育て中のパート薬剤師の理解のある経営者がいい」など具体的な希望を伝えてみるとよいでしょう。
可能な限り勤務条件以外の情報なども得た上で自分の働きやすい求人を見極めるようにしてみましょう。

多くの求人情報に惑わされない為に

薬剤師は非常に重宝される資格で求人案件も多数あるし、自分にはある程度の勤務経験もあるのでパートでも働けるいい求人がたくさんある!とは思っていませんか?
求人数はたくさんありますが、自分が本当に働きやすい勤務条件、雰囲気を持った求人情報はある程度限られたものです。
例えばインターネットなどで「年収650万円以上、年間休日120日以上」と言う条件で求人を探し、手当たり次第に面接を受けに行ったとします。
しかし、面接に行って初めて残業がかなりあると知らされたり、人間関係の雰囲気が合わなそうだと気づいたりするのでは無駄足になってしまいますね。
面接を何件も受けに行くのは非常に労力も費やされますし、受けることに疲れてきて本来の自分の希望通りの条件ではなくとも妥協して入社を承諾してしまうということにも繋がりかねません。
面接を受ける前に、自分の一番大切にしたい条件を「年収、休日」だけではなく「残業の有無、他にパート社員はいるか、有給の消化率は何%くらいあるのか、駅からは近いのか、ブランクがあっても大丈夫なのか」など具体的に条件を細かく設定してそれを満たしている求人のみを受けるようにしましょう。
また、自分の希望の勤務条件や職場の雰囲気に合った求人情報を選別して紹介してくれる薬剤師専用の転職エージェントを利用するのもよいですね。
大切なのは必要な情報を見極めて自分に合った求人情報を選別して受けるということです。
まずは複数のサイトに登録して自分の希望を確実にエージェントに伝えることから始めてみましょう。

「薬剤師の転職」の他の記事を読む

都道府県別の薬剤師求人情報

業種別の薬剤師求人情報

薬剤師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ

薬剤師の転職活動ノウハウ満載!薬剤師の転職事情など多彩な情報を提供しております。

サービスのご紹介
薬剤師転職ドットコムのサービスをご利用いただく薬剤師へ向けて、当社のサービスを詳しくご紹介しております。
コンサルタントコラム
薬剤師の転職事情や薬剤師業界の動き、求人情報など、転職に役立つ最新情報をお届けします。